鳴子屋HOMEへ
 
 
 
tosa no kochi no harimayabashi de bosan kanzashi kau wo mita yosakoi yosakoi

光る鳴子
鳴子
オリジナル鳴子
木のおもちゃ
鳴子ストラップ
光る団扇
雑貨
よさこい祭り
受賞チーム
よさこい祭り
鳴子の鳴らし方
オンライン
ショップ
ご注文方法 
お問い合わせ
法律に基づく
表記
LINK
イベント情報
・・・準備中・・・

 よさこい祭りの起源
よさこいとは、「夜さ来い」と書いて、"今夜いらっしゃい"という意味です。

よさこい祭りは昭和29年、経済復興を目的とし、隣県徳島の約300年の歴史を持つ
『阿波踊り』に負けないものを
作ろうということからできたお祭りです。

第1回目、参加チームは21チーム。
参加者750人でスタートし、第30回を迎える頃には、
踊り子10,000人を超える大きなお祭りに成長。
第50回の節目の年には、史上最多の187チーム、踊り子20,000人が参加しました。

よさこい祭りの個性あるパフォーマンスに魅了された人々により日本各地に広まった
『よさこいスタイル』のお祭りの数は220近くあると言われています。

主には、6月開催の『YOSAKOIソーラン祭り』

8月開催、本家高知の『よさこい祭り』・『全国大会』

同じく8月、2000年からスタートした
『原宿表参道元氣祭スーパーよさこい』などがあり、
高知からも有名チームが多数参加しています。


 鳴子のルーツ
元々鳴子は田畑に吊るして、鳥を追い払うための道具で『すずめ脅し』と言われていました。

高知では、年に2回お米が取れる土地柄なので、親しみのある鳴子を改良して使うようになりました。

今では、よさこいに欠かせない楽器(道具)です。

※鳴子を両手に持って踊ると言う、ルールがあります。

【注意】
平成17年より、鳴子の打ち方(鳴らし方)も審査基準に加わりました!


 衣装
毎年、チームカラーや踊りに合った衣装が観客の目を楽しませます。

これもよさこい祭りの楽しみです。

美容室で着付けをしたり、メイクをしたり・・。

いつもと違う気分を味わえます。 
 


 音楽
曲の一部に武政英策氏作曲の『よさこい節』を入れる決まり以外は、

どんな曲でもOK。

自分の好きな曲調で踊ることができるという自由度の高さは、

土佐人の気質そのものです。

実際に見て、聴いてみてください。 (とても言葉じゃ語れない・・・・・・。) 


 地方車(じかたしゃ)
地方車(じかたしゃ)は、第4回から登場しました。

ただの派手なトラックではありません。地方車は、チームの顔です。
オリジナルの音楽を生演奏で行ったり、舞台照明を設置したり・・・。

まさに動くライブハウス!
各チームの先頭で踊り子たちを盛り上げてくれます。

地方車のための賞もあります。 
 


メダル
踊り子は、各競演場にいる審査員の審査によって、
個人メダルが貰えます。

その形は競演場によって様々で、

本部追手筋競演場では赤い花のメダルが貰えます。

チームごとに数が決まっているので、踊り子たちの憧れのメダルです! 
 



ページトップ
Copyright© 有限会社 鳴子屋 All Rights Reserved